仕組みを適切に把握しよう|アフターピルのアイピルで二人の愛をはぐくもう

仕組みを適切に把握しよう

stress

緊急避妊薬として、今まで非常に多くの女性を望まない妊娠から守ってきた実績のある、アフターピルのアイピル。このアイピルは一体どのように避妊をするのでしょうか?
コンドームでの避妊は精子を物理的に遮断することによって、受精するのを防ぐので妊娠を防げるというのは理解できるでしょう。
なぜ、アフターピルはできるのか?それもメカニズムを把握してしまえば納得できますし、何より安心してアフターピルを利用することができるようになります。
そして、ここまで避妊の成功率が高いのかも理解できるようになります。

アフターピルがどのように避妊するのかは、妊娠のメカニズムを理解すれば簡単です。
女性は一定のサイクルで排卵し、妊娠できる状態になり、その状態で妊娠していなかった場合には、妊娠できる状態をリセットするために生理が起きます。
その後、再び排卵→妊娠できる状態→生理というサイクルを繰り返しているわけです。
妊娠は、卵子に精子が受精し、着床することによって、成立するので着床を防ぐことによって、膣内射精をされたとしても妊娠することはないのです。
アフターピルのアイピルは服用することによって、強制的に引き起こし、子宮内膜を経穴とともに体外へ排出します。
それによって、着床を防ぐのです。
ですから、膣内射精から長時間経過してしまうと着床して、妊娠してしまうのでアフターピルは膣内射精された後にできるだけ早く服用することが求められるのです。